チネイザンとは

チネイザンとは

チネイザンは日本名で「気内臓療法」と呼ばれています。
​古代中国のタオ(道教)に伝わる気功療法の一つで、
腸だけではなくお腹全体をほぐし、内臓の滞りを整える内臓デトックスマッサージです。
また、内臓と心は密接に繋がっているため、心と身体の両面を整えることが出来ます。
心身両面に影響を与える内臓デトックスは通常のマッサージでは感じることのできない解放感を味わえます。
チネイザンは肉体だけに留まらないホリスティックな療法として世界中のセレブやマッサージマニアから注目されています。

内臓に感情が宿っている

東洋では古くから内臓には感情が宿ると考えられてきました。
生命力のない食品や、添加物や薬はもちろん生きてきた長い間の負の感情(怒り・不安・恐れ・悲しみなど)も消化されないままお腹に溜まります。

例えば心配は胃や脾臓に、悲しみは肺や大腸、喜びは心臓、といったように全ての感情に対応した臓器があります。チネイザンは内臓を整えることで内臓に溜まった負の感情を解放し、心と身体のデトックスをすることで本来の生命力や自己治癒力を高めます。

未消化の感情を解放する

チネイザンは内臓に直接働きかけて滞りを整えるとともに、内臓に蓄積した未消化の感情にも働きかけます
社会生活を送る中で、押し込んでしまった感情はたくさんあります。
自分の深く眠っている感情に気付くことで自分自身を見直すきっかけとなり、本来の自分、本来の健康な状態を取り戻すことができます。

チネイザンの効果

□内臓デトックス
便秘・下痢など便通の改善)
□内臓機能の向上
□倦怠感がなくなりやる気が出る
□代謝アップによる肥満解消
□お腹のはり(ポッコリお腹)の引き締め
□冷え症、生理不順、生理痛の緩和
□むくみの緩和
□疲労感、倦怠感の軽減
□睡眠障害の緩和
□腰痛の軽減
□ストレス緩和 

目的は人それぞれです。
不調があれば、それは心の変化で改善するのかもしれません。
また、身体の変化で心の在り方が変化するかもしれません。
チネイザンは心身両面を整えることができます。
気になることがあればまずは体験してみてください。

シェアする

フォローする